無線LAN 設定 wireless-tools wpasupplicant


Red-Cです。

linux (debian) で無線LANを使えるようにしよう。
前提としてNICドライバが入れられている事。
正式なドライバじゃなくて型番違いでも動いたりする、
中途半端に動いたりするときもあるけど、まあいい。

インストールするパッケージ

GUIの設定ツールを使わないのでこれだけ。
逆にGUIのツール(wicd,NetworkManager)を入れると相性によっては
wpa_supplicantの動きが変になっちゃう事もあるので、インストールしないことをオススメします。

wpa_supplicantの設定

まずは設定の素となるファイルを作成しましょう。

作成した素に足りてない設定を足していこう。

これでOK。

wpa_supplicantの起動

この状態になればAPとは繋がるはずだ。
あとはdhclientでも手動でもネットワーク設定をしてやればいい。

以上。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です