Zabbix 3.0 インストール手順


cach

Zabbix3.0 インストール手順

1. OSインストール

CentOS7をインストールします。

インストール時に選択するパッケージは、「最小限のインストール」で問題ありません。
インストール後は、yum update しておきましょう。

2. firewalld の設定

iptablesに慣れてしまっていますが、がんばってfirewalldを覚えていきましょう。

3. Zabbixのインストール

Zabbix LLC が公開しているリポジトリを登録します。

まとめて入れてしまいましょう。

yum update でzabbixをアップデートしないようにする

4. MariaDBのインストール

5. zabbix用データベースの作成

zabbixデータベーススキーマをインポート

Zabbixサーバの設定

これでZabbixを利用できる状態になりました。

ブラウザでダッシュボードにアクセスしてみましょう

初回アクセス時には、初期設定をするウィザードがあるので、画面の指示にしたがって、進めていきましょう。

cach
cach
cach
cach
cach
cach
デフォルトのパスワード(Admin/zabbix)でログインしましょう。
cach

ログインができたらテーマを黒にかえたり、日本語にしたり好きにカスタマイズしましょう。
絶対に忘れてはいけないのが、デフォルトパスワードの変更です。

cach

では、よい監視を。


Zabbix 3.0 インストール手順」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です