The Study of JavaScript 03 – 変数 variable


cach

03 変数 variable


変数とはなにか。プログラム言語を学ぶ場合はおそらくかなり初期の段階で学ぶことでしょう。
状況によって値が変わるものを入れておく箱のようなものです。

今回のポイントは下のとおりです。

  • 変数 は 値を格納しておく入れ物(メモリに箱を用意します)
  • 変数を使うには宣言をしなければいけない
  • 変数の宣言は var を使う
  • 変数への代入は = を使う

まずはHTMLファイルに直接書く方法で書いてみよう。

  • index.html

  • 出力結果

    console

    こんな感じでコンソールに表示される。

次は外部ファイルに記述して読み込んでみよう。
JavaScriptは、基本的に別ファイルに記載して、HTMLファイルで読み込むようにしたほうが、再利用しやすい。
(複数HTMLから読み込むなど)

  • index.html
    • 変数の宣言と代入は一度におこなえる

  • 出力結果

    console01

    外部ファイルに書いても、同じように表示されます。

変数に格納できるデータにもいろいろあります。

  • 文字列
  • 数値
  • 真偽値
  • オブジェクト
    — 配列
    — 関数
    — 組み込みオブジェクト
  • undefined 定義されていない
  • null 何も入っていない

以上、またみてね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です