ゲルマニウムラジオを作ってみた。実装編


前回設計したゲルマニウムラジオを実装していきたいと思います。

プラスチックケースの加工

準備したプラスチックケースの加工をします。今回の加工は穴を開けるだけなので簡単です。
まずは、穴を開けるところにマジックでマークをつけていきます。

mark

マークをつけたところをゴリゴリ穴を開けていきます。
doriru

バリコンとターミナル端子の取り付け

しっかりと取り付けましょう。穴が小さすぎた場合は少しずつ広げましょう。
ura

裏面
omote

ケース内部の配線

ここが一番の難関となります。ケースがプラスチックのため、ハンダ付けをすばやく行わないとケースが溶けてしまいます。
handa

溶けた。
handa_toke

ダイヤルと、アンテナとイヤホンを取り付けて完成

アンテナはリード線を長く設置します。
アースは重要です。金属に接触させてたりして感度を確かめてみてください。
kansei

クリスタルイヤホンを耳にあてて、ダイヤルをゆっくり回していきましょう。
電波をエネルギーとして聞くので、音が非常に小さいです。

環境によっては雑音しか聞こえないこともあるかもしれません。
私の場合は、5メートルほど室内にリード線を張ってアンテナにしたところ、かすかに日本語が聞き取れる程度に受信することができました。
室外にアンテナをだせば結構聞こえるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です